返済が遅延するときの対処法

カードローンの返済が遅れた学生

カードローンの返済については毎月送られてくる明細で請求金額を確認し、約定日までにきちんと返済金の準備をしておきましょう。
どうしても当月の返済が苦しいときには、事前にカードローン会社に電話を一本入れておくことが大切です。

約定日を過ぎてしまって返済忘れに気付いたときも同様で、できるだけ早く連絡を入れて入金可能な日にちを伝えましょう。
延滞を放置しておくことは信用を大きく失うことになるので、あらかじめ自分から申告するだけでも印象が違ってきます。
返済日が近づくとメールで知らせてもらえるサービスを活用するのもおすすめです。

キャッシングの返済が遅れそうな場合は必ず事前にキャッシング会社へ電話連絡してください。
ここで一番大切なのが「事前」にという部分です。
キャッシング会社は返済が1日でも過ぎると督促を開始します。
予め返済が遅れるとわかっているのであれば、督促を受ける前に伝えておくことで余計な電話や書面が送られてくることはありません。
たくさんいるキャッシング会員の中で返済が遅延するひとはたった数%だと言われています。

しかしこの数%の人たちの督促をするのに、たくさんの人を雇って業務をしているのが現状です。
一番コストがかかる部分で、余計な督促をしたくないというのがキャッシング会社の本音でもあります。
事前に返済が遅れることがわかっているのであれば、伝えることで余計な督促をしなくて済みますからキャッシング会社としても事前の連絡はありがたいのです。
このように遅れる場合は事前に連絡することが大切なのですが、連絡する際は「○日なら返済できる」という具体的な日にちを伝えることがポイントになります。
きちんと伝えておけば、その日まで督促を受けることはありません。

逆に具体的な日にちを出せずにいると、督促は毎日受けることになってしまいます。
ただ、具体的な日にちが1~2ヶ月以上先という場合話は別です。
返済が1ヶ月以上遅れると要注意会員とみなされ、その後も延滞が続くとブラックリストに載ってしまうかもしれないからです。
要注意会員とみなされると、たとえ延滞が解消しても追加の融資が受けられなくなります。
さらに進んでブラックリストに載ると、5~10年間は情報が消えず、どこの金融機関からもお金を借りることができなくなるのです。
少し怖い話をしましたが、数日~1週間程度の遅れならば問題はありませんので安心してください。

とにかく返済が遅れる場合は事前に連絡して、いつ返済できるのかを伝えることが大切です。
万が一遅れそうなときがありましたら、ぜひ実践してください。

内部リンク親に内緒で借りられるキャッシングの詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ