未成年でもカードローンを組めるの?

大手のカードローン業者ではキャッシングの利用条件を20歳以上としています。
未成年は収入面・自立面でみても不安な点が多く、返済能力があるとは認められにくいからです。
貸す側からすれば貸し倒れのリスクがとても高い未成年者にあえて融資しようと思わないのもうなづけます。
20歳以上であれば立派な成人ですから、アルバイトなどの定収入があることを条件に、学生でも普通に申し込みできるところが多数あります。
もちろん親の同意も一切いりません。

いっぽう学生キャッシング専門の中小消費者金融業者の中には、18歳以上でも利用できるところが存在します。
ただし大抵は親権者の同意が必要になるので注意しましょう。しかも利用限度額がかなり小さくなるということは必至です。
親の同意があったとしてもごくごく少額しか借りられないのですから、やはり未成年者の社会的信用は当然ながら高くはないんですね。
親にも内緒で借りられるというところがあったとしても、そういう甘い勧誘を行う業者は悪徳業者である可能性も高いので、くれぐれも注意が必要です。

未成年の学生がキャッシングに申し込む場合でも、アルバイト収入があることが必須条件です。
普通本人確認書類としては運転免許証が多く用いられますが、未成年者だと運転免許を取っていない人も多いものです。
そんなときには健康保険証やパスポートなどが利用できるので、事前に確認を取っておきましょう。
また学生証の提出を求められるので、忘れずに準備しておく必要があります。

未成年でもお金を借りる手段として実はもう一つ方法があります。
それはクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法です。
カードローンの利用条件は一般的に20歳以上ですが、
クレジットカードは18歳以上でも申し込める商品が多くあります。
限度額は少額ですが学生とりわけ未成年が利用するには十分ではないでしょうか。

内部リンク親に内緒で借りられるキャッシングの詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ