審査に通過するために気をつけたいポイント

キャッシングで気がかりなのが審査ですが、キャッシング会社では審査基準というものを明示しているわけではありません。
いくら以上の年収なら必ず審査に通る、いくら以下だと必ず落ちるというラインは存在しないのです。
ただ審査で重要視されるポイントは一般的に共通しているので、そこを押さえておけば審査通過の参考にできます。

審査ではまず申込者の属性によって自動的なスコアリングを行います。
年齢・年収・勤続年数・雇用形態・家族構成など複数のチェック項目があり、スコアリング結果をもとにポイント化されるのです。
働き盛りの年代であったり、正社員や長く勤め続けている人は、そうでない人にくらべて当然評価が高くなる傾向があります。

また個人信用情報を照会して過去に金融事故を起こしていないか、現在他社の借り入れはどれくらいかといった点が確認されます。
事故情報があってブラック入りしていたり、複数または多額の借り入れを抱えている人は審査に通りにくくなる可能性が高くなります。
特に総量規制の対象となる消費者金融では、借入総額を年収の1/3までに規制されるので注意が必要です。

カードローンの基本条件は年齢制限を満たしていて本人に安定収入があることです。
学生であってもアルバイトで毎月収入があるなら申込み可能です。
消費者金融の中には学生専門ローンを提供しているところもあり人気を集めています。
また総量規制対象外の銀行カードローンなら無職の専業主婦でも利用OKなものがあります。
配偶者に定収入があることが条件ですが、面倒な書類は一切不要で申し込みできるので夫にもバレにくい点がポイントです。

カードローン審査では虚偽の申込書も厳しくチェックされます。
審査に通りたいがために事実と異なる内容を記載する人も少なくありません。
架空の勤務先や実際より高い年収を申告しても、必ず審査の途中でバレてしまいます。
この場合申込者の信用は著しく下がってしまい審査にも影響するので絶対にやめましょう。

内部リンク親に内緒で借りられるキャッシングの詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ