親にバレることはありますか

キャッシングをしていることを周囲の人に知られたくないという人は多いですが、特に学生は親や家族にバレるのが怖いと思う人は多いです。
しかし安心してください。
親や家族にキャッシングを利用していることが知られることはありません。

なぜ知られずに借りられるのかというと、キャッシングしているということは立派な個人情報になるからです。
個人情報保護法という法律もあるように、キャッシング会社は安易に情報を流すことはありません。
それがたとえ親や家族でも同じことです。
親がキャッシング会社に電話をしてきたとしても、情報は一切教えません。
キャッシングの申し込み基準は「20歳以上」と成人していることが絶対条件となっています。
未成年者にお金を貸している訳ではありませんから、親の同意書も必要ないですし、家族に伝える必要もないのです。

親に知られずにカードローンに申し込みたい場合は、インターネットや自動契約機を使った方法が便利です。
自分の都合のよい時間や場所でこっそり申込みすることが可能ですし、審査も郵送などにくらべてスピーディです。
周囲に内緒にしたい旨を担当者に伝えておくと、より安心して利用できます。
また同居の人は自宅への郵送物が心配になりますね。
ネット上で利用明細を確認できるWEB明細サービスを活用すれば、利用明細書が家族に見られる心配もありません。

キャッシングの審査では在籍確認と言って、自宅などに電話をする確認作業が発生しますが、こちらもバレないように担当者個人名で架電するようにしていますので、内緒で手続きできます。
またDMなどの郵送物も、一目見てキャッシング会社から来ているものだとわからないような作りになっていますし、契約時に郵送物は不可と伝えておけば送られてくることもありません。

受付

このように学生でも親にバレずにキャッシングすることはできるのですが、返済が遅れた場合は注意してください。
返済が遅れると書面や電話などで督促されてしまいます。
もちろん在籍確認と同様、キャッシング会社名は名乗らず個人名で架電するように配慮はしていますが返済の遅延があまりにも長期間に渡ると何度も同じところから電話が来ることを不審に思う親もいます。

さらに末期になると自宅に返済を求めて訪問してくるケースもありますから、こうなるとバレずにしておくことは不可能です。
多少の遅れは大丈夫だろうとタカをくくっていると、あとで痛い目を見ます。
くれぐれも利用する際には返済が遅れることのないよう気をつけましょう。

内部リンク親に内緒で借りられるキャッシングの詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ