学生のカードローン利用→在籍確認はどこにあるの?

カードローンの申込審査には在籍確認が必須です。
在籍確認は申込書類に記載された勤務状況が事実であるかを確認する大切な作業です。
正社員でもアルバイトでも、決まった職場で仕事をして継続収入を得ているかどうかは、申込者の返済能力に大きく関わる重要事項だからです。
もしも申込書にある勤務先の電話番号に連絡を入れて在籍確認が取れなかった場合は、審査に通る確率は低くなります。
また勤務先が架空であったり虚偽の記載が明らかになった場合もいちじるしく信用を失い、審査には落ちやすくなるので気をつけましょう。

学生の申し込みでも上記のような理由から基本的には在籍確認が行われることになっていますが、実は在籍確認のない大手消費者金融も存在します。
在籍確認の代わりに収入の実態を証明できる何らかの書類を提出するようになっています。
収入証明書としては源泉徴収表や給与明細書などが利用できます。
また学生ローン専門の中小業者の中には在籍確認を行わずに審査を進めるところもあります。
そのかわり利用限度額はかなり低くなっています。

もし在籍確認が行う場合にも、前もって本人の了承を取ってから行うケースがほとんどです。
アルバイト先にキャッシング利用がバレるのが嫌だという声も多く聞かれますが、いちばん安
心なのは確実に自分が電話口に出られる時間帯を前もってキャッシング会社の担当者に相談しておくことです。
そもそも在籍確認は会社名ではなく個人名を名乗って電話してくるので、キャッシングの利用を疑われる可能性はさほど高くはありません。

ただカードローン会社側も利用者の事情をよく理解した上で色々な要望に対応してくれるケースは多くなっており、
在籍確認を行う日時の相談にも極力応じてもらえる可能性があります。
そのほかにも家族や友人を装ってほしい、女性または男性から電話をしてほしいといった要望もあり、ケースバイケースで対応してもらえます。
まずは自分の不安要素を伝え、どうすればよいのかを納得いくまで話し合っておくと安心です。

内部リンク親に内緒で借りられるキャッシングの詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ