学生がカードローンで借りれる限度額はいくら?

学生がキャッシングを利用する際には、借入限度額は50万円以下という場合がほとんどです。
これはあくまで設定されている最高額であり、もっと低い限度額が設定されるケースも多く見られます。

カードローンの基本的な利用条件は安定収入があることです。学生でもアルバイト収入が見込めなければ融資は受けられません。
ただいくらアルバイトをしているといっても学生の本業は学業です。
アルバイトによる収入はフルタイムで働く社会人に比べると大きな差があるのは事実なので、その分返済能力は低いと見なされるのは当然ではないでしょうか。

カードローン審査では年収や勤続年数をはじめ色々な項目について属性審査が行われます。
さまざまな条件を総合的に判断した上で融資可否と限度額が決定する仕組みになっています。
細かな条件は個人個人で異なりますので、一見同じような境遇の人同士でも審査結果は違ったものになることも少なくありません。
カードローン審査には明確な審査基準が示されていないため一概には判断できないのです。
ただアルバイトでの収入があること、同じアルバイト先に長く勤めていることが、審査に有利にはたらく可能性は非常に高いです。

アルバイトもしておらず収入ゼロである学生の場合は、申し込みしても審査通過する可能性は極めて低いといえます。
学生ローン専門の中小業者の中には無収入の学生にも融資OKというところがあるにはありますが、この場合の限度額はかなり低いので注意してください。
また比較的審査条件がゆるいキャッシング業者は金利が高めだったり中には怪しい業者の存在も疑われますので、利用する上では十分な注意が必要になります。

逆にアルバイトによる収入が高めの学生の場合、50万円以上の限度額が得られることもあります。
この場合は収入証明書の提出を求められることになるので頭に入れておきましょう。
また限度額がある程度の金額になると、借入総額を年収の1/3までとする総量規制が影響する可能性も出てくるので確認が必要です。

内部リンク親に内緒で借りられるキャッシングの詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ