キャッシングの注意点

キャッシングする男性

以前よりずっと身近になったカードローンですが、キャッシングするということは借金を抱える、ということを忘れてはいけません。
手軽に借りやすいからこそ、借りすぎには十分注意する必要があります。

はじめはほんの少しのつもりだったのに、いつの間にか借り入れを繰り返してしまうというケースも少なくありません。
返済に行き詰まり延滞を起こすような事態にならないためにも、利用は必要最低限にとどめましょう。

事前に返済シミュレーションを活用しながら、しっかり返済計画を立ててから利用することをおすすめします。
学生でも利用できる便利なキャッシングですが、利用する際の注意点をいくつか挙げておきます。

・使うときは返済のことを常に考える
カードを使い融資金を引き出すのは一瞬です。
しかし使った分の返済はそのあと何ヶ月にも渡って請求され続けます。
キャッシング会社は申込人の返済能力を十分に考慮し、融資限度額を決めていますから、決められた限度額を全て使ったからといって返済できなくなるということは考えにくいです。

しかしご自身の状況はいつ変化するかわかりません。
学業が忙しくなってアルバイトをやめざるを得なくなることもありますし、勤務先の意向で就業時間が減らされることも十分考えられます。
今までだったら返済できる金額でも、状況が変われば返済できなくなってしまうかもしれません。
必要以上の金額を借りない、返済できるときにはできるだけ返済をしておくということを心がけましょう。

・自分に合った返済方法を見つける
キャッシング会社はATMやインターネットバンキング、自口座引き落としなど様々な返済方法が用意されています。
契約時の返済方法の説明を受けるのですが、この時にある程度自分の返済方法を決めておきましょう。

特に自口座引き落としの場合は口座番号や届出印などの手続きが必要ですし、インターネットバンキングも自分が利用している銀行が使えるのかを確認しなくてはなりません。
何も情報がないまま利用して、後で返済方法が解らないとなると大変なので必ず見つけておきましょう。

・返済日を忘れないようにする
返済日を忘れて期日が過ぎると、キャッシング会社から督促されます。
書面や電話などで「返済を忘れていませんか?」と知らせてくれるのですが、たった1日でもペナルティとして遅延損害金が上乗せされます。

さらに延滞が長期間に渡ると、キャッシング会社からの信用が失墜し、融資を止められてしまうこともあるのです。
それが続けばブラックリストに載ってしまうということもありますので、注意してください。

内部リンク親に内緒で借りられるキャッシングの詳細はコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ