キャッシングは学生でも借りられます

廊下を歩く大学生達
『どうしても行きたいコンパがあるけどお金がない!』
『財布が厳しいけれどバイト代が入るまで後3日もある…』

学生でも付き合いや余裕だと思っていたけれどお金が足りなくなってしまうことはあります。
親や兄弟に借りるにしても言いにくかったり、小言を言われたり。

学生でも借りられるキャッシングは上手に利用すればお財布のピンチを切り抜けられます。

学生キャッシングの条件

・満20歳以上(学生でも高校生は借りられません)
・毎月安定した収入があること(アルバイトで額は少なくても毎月収入があることが大切です)

学生キャッシングのメリット

・親や家族に連絡が行くこともなく内緒で借りられる
・就活や将来にまったく影響しない
・お金のピンチを切り抜けられる

学生キャッシングのデメリット

・計画的な利用
・毎月必ず返済しなければいけない

毎月の返済はお金を借りたら当たり前のことですが避けては通れません。
しかし学生への融資限度額は一般的な収入を考えて10万円とされています。
必要な額だけ借りれば返済の負担も少なく、足りなくなったら追加で借りられます。

こちらではこれから申し込みたい学生におすすめの大手キャッシング会社を紹介します。
初めてお金を借りるなら信頼できる大手で借りましょう!

学生におすすめのキャッシングはここ!

プロミス
キャッシングしたい学生におすすめのカードローンはこちら

学生キャッシングの上手な利用方法

学生に対しての親の仕送りは年々減ってきていると言われています。
さらに学費など学生生活に関わる全ての費用を自分で捻出している学生も少なくありません。
親の援助も期待できず、奨学金やバイトをしてもまだまだお金が足りないというときはぜひキャッシングを利用してみましょう。
学生が使えるキャッシングで真っ先に思い浮かべるのが、学生ローンです。
大きな大学の周辺に店舗を構えていて、申し込みの際には学生証を提出することが義務付けられています。
基本的な内容は普通のキャッシング会社とほぼ変わりはないのですが、昔ながらのところだと融資や返済などは店舗に出向いて手続きをしなくてはならないところもありますので、使い勝手は多少悪い印象があります。
さらに自分の学校の周辺に必ずあるというものでもありませんから、探す手間もかかります。
なのでここでお勧めするのは、テレビCMや広告などでよく見かけるキャッシング会社での申し込みです。
学生でも普通のキャッシング会社で申し込みできるの?と思う方もいますが、20歳以上でアルバイトをしている学生であれば申し込みできます。
また学生ローンなどのように学生証の提出は義務付けられていませんし、両親に連絡がいくこともありません。
完全に親に内緒で利用できるのです。
さらに普通のキャッシング会社であれば、店舗は全国各地にありますし、コンビニや銀行などのATMと提携していますので、使い勝手は抜群です。
しかし、そこまでしてお金を借りたくないと思っている学生がいるのも事実です。
確かに返済のことを考えると、怖くてなかなか手が出せないという気持ちはわかります。
でも返済日を忘れないように返済期日間近になったらメールで知らせてくれるサービスや、銀行口座引き落としで返済できるサービスなどもあります。
さらに少し前に施行された改正貸金業法により、金利もかなり安く設定されていますから、支払い金額もそれほど負担になりません。
そして何よりキャッシングの優れているところは金利が使った日数分だけしか付かないという点です。
例えば、アルバイト先の給料日が15日で14日にどうしても外せない付き合いでお金が必要だったとします。
14日にキャッシングで1万円を借りて、翌日のお給料日に全額返済することもできるのです。
この場合付く利息はたった1日分、数円程度で済みますから1万円に数円の利息を合わせた金額が返済金額となります。
銀行から自分のお金を引き出す時に取られる手数料は現在105~210円となっていますから、自分のお金を銀行口座から引き出すよりも安くお金が借りられるのです。
自分で学校費用や生活費を捻出している最近の学生は、昔よりも経済感覚が鋭くなっていると言われていますから、まさに今の学生にお勧めしたいキャッシングの利用方法です。
自宅のパソコンやスマホから申し込み~融資まで手続きができるプランも用意されています。
ぜひこの機会に申し込んでみてはいかがでしょうか。